「第1回anan猫マンガ大賞」の大賞受賞作『三日月とネコ』(集英社マーガレットコミックス刊)の実写映画化!
熊本地震をきっかけに出会った、恋人でも家族でもない、境遇もバラバラな猫好き男女3人暮らし。
書店で働く40代お一人様女性の灯(あかり)は、30代精神科医師の鹿乃子(かのこ)、20代のアパレルショップ勤務の仁(じん)、みんなの愛猫のミカヅキと仲良く暮らしている。ごく普通の人生を歩んできた灯にとって、人生で一番【普通ではない生活】をしているものの、その生活はとても楽しくて……。
三日月の様に満ちていく途中の、迷えるオトナ3人といとしい猫の共同生活物語。

  • 安達祐実さん

    主人公の戸馳灯を演じることになりました!
    灯、鹿乃子、仁、バラバラな三人が猫という共通点で繋がって、それぞれが新しい明日を模索していきます。
    共に時間を過ごすうち、自分らしさ、相手らしさを受け入れて、愛おしい三人らしさを見つけていくのです。
    ぜひ劇場で、すこし不器用で一生懸命な三人と、かわいい猫たちに癒されてください。

  • 倉科カナさん

    この度、三角鹿乃子を演じさせていただきました。
    わたしも熊本出身で、熊本が大好きなので今回のオファーをいただけてなにかのご縁を感じています。
    迷えるオトナ3人と愛しいネコたちの共同生活物語、ほっこりと楽しんでいただけたら嬉しいです。

  • 渡邊圭祐さん

    波多浦仁を演じさせていただきました。
    すっかり犬派だった私もうっとりしてしまうくらい、とにかく可愛い猫との撮影の日々を過ごしながら、普通とはなにかを考えさせられる作品でした。
    心温まる歪な3人とネコの共同生活の物語がたくさんの方の元に届けば嬉しいです。
    是非ご覧ください。

  • 小林聡美さん

    網田すみ江を演じさせていただきました。
    自分らしく生きる道を模索する主人公たちに「生き方は、人の数だけある」と背中を押す、なんだか頼もしい大人でした。この映画がみなさんの背中も押してくれますように。

  • 山中崇さん

    「熊本には本屋さんが全然なくて、それでお店始めたんです」撮影の合間にふと入ったちいさなお店で、店主はそう話していました。あたたかな作品がたくさん並んでいました。この作品も、きっとあなたにとってあたたかい、はずです。

  • 石川瑠華さん

    名前をつけて分類するのであればアセクシャルという生き方をするつぐみちゃんを演じることは、自分を一から考える機会になりました。
    現場の雰囲気は原作の温度感をそのまま感じられるような温かさだったので、この映画にもそれが映っていたらいいなと思います。

  • 脚本・監督:上村奈帆さん

    ウオズミアミ先生の素敵な原作を、安達祐実さん、倉科カナさん、渡邊圭祐さんが魅力いっぱいに演じて下さいました。 私は、この3人とネコたちの暮らしがとても好きです。思い描いた未来とはちがうけど、思いがけない出会いで満たされていく人生…。 2024年は初監督映画が完成してからちょうど10年。大切な作品と迎えられることを心より嬉しく思います。

  • 原作:ウオズミアミ先生

    映画化、とても嬉しいです。夢がひとつ叶いました。
    フツウって何だよ」「皆が当たり前にできることができねぇよ」と、幼い頃からずっ…と生きにくさを感じ泣き続けたオトナ(私)が描いた原作が豪華俳優・制作陣に恵まれ映画化となりました。連載中も何度か孤独で泣きましたが逃げずに最後まで描けてよかった。
    きっととても素敵な映画になります。公開が楽しみです。
    是非、劇場へ足をお運びください…!

ウオズミアミ:熊本市在住、調理師免許を持つ漫画家。
2022年11月より集英社「ココハナ」にて『冷たくて 柔らか』を連載中。
2019年には、猫好き男女の3人暮らしを描いた『三日月とネコ』(全4巻・集英社)が第1回anan猫マンガ大賞の大賞を受賞。

原作:「三日月とネコ」ウオズミアミ
(集英社マーガレットコミックス刊)

試し読みはQRを読み取るか
クリック!